あけぼの事務所のブログ

あけぼの事務所のブログです。社会保険などで分からないことがあったらコメント欄に書いてください、社会保険のことを皆に知ってほしくて立ち上げました

こういう企業が増えればよいですね

三浦工業は27日、障害者の雇用を拡充するために設立した子会社の「ミウラジョブパートナー」が厚生労働省から特例子会社に認定されたと発表した。

 特例子会社の従業員は親会社に雇われているとみなして雇用率を計算できる。三浦工業の障害者の雇用率は義務付けられている法定雇用率の2%を上回っているが、特例子会社を通じ、さらに障害者雇用を拡大する。

 ミウラジョブパートナーは今年2月に設立し、三浦工業の本社ビルの清掃や点検、メンテナンスなどを主に手がけている。10人の従業員のうち、7人が障害者だ。三浦工業がボイラーや周辺機器などを紹介する大型の展示施設を2018年6月に本社に併設する予定で、さらに障害者の雇用を増やす。

日本経済新聞社からの引用

法定雇用率を超えて雇うと1人当たり月2万7000円が国から調整金として出ます、

逆に1人少ないと5万円が納付金として国に納めなければいけなくなります

法定雇用率に達すればよいやというのではなく 障がい者にとって、その能力が最大限発揮できる働きがいのある、働きやすい職場作りと障がい者の雇用機会の拡大を目的に2017年2月に設立ましたとのことです、

来年の4月に障害者雇用率が引き上げられます

みうや工業の様に特例子会社を作る動きもこれからますます出てくるのではないでしょうか

 

三浦工業みたいな企業が増えればよいですね