あけぼの事務所のブログ

あけぼの事務所のブログです。社会保険などで分からないことがあったらコメント欄に書いてください、社会保険のことを皆に知ってほしくて立ち上げました

吃音者と合理的配慮

吃音の症状を持っていて一般で就職をした場合で合理的配慮を求めることができるのか、

 

吃音者が障害者雇用促進法上の障害者にあたるかどうかがポイントとなります

 

 

障害者雇用促進法上の障害者には障害者手帳を持つ人、また障害があるために長期にわたり職業生活が著しく困難なものとなっています

 

例えば吃音のある人の場合でも例えばコミニュケーションをとることが少ない、例えばライン生産方式のラインなどで働く人などど

障碍者雇用促進法上の障害者には当たらないと思います、逆に電話対応などのコミニュケーションをとるのが多い人の場合には長期にわたり著しく困難なものになってくるのではないでしょうか

障害のために長期にわたり職業生活が著しく困難な場合には障害者事態が合理的配慮を求めた場合には企業側が過度な負担が求められる場合には合理的配慮をしなくともよい事となっています

合理的配慮を吃音者が求めなければ法律上は企業側が合理的配慮をしなくてもよくなっています

企業側が過度な負担でもない場合でも合理的配慮をした場合には職務に影響をしないにもかかわらず、障害を理由として賃金を差別すれば民法90条公序良俗違反として訴えられる可能性もあります